イラストを活用

システム開発

近年、税制度上の説明や病気の説明など、一般的に馴染み薄い知識を多くの人達に知ってもらう上で、よく「イラスト」が活用されています。漫画イラストは若者から大人まで親しみが持てる絵であり、またこうしたイラストを使って話を整理してくれれば多くの人達にとって読みやすい説明が出来上がるのです。 企業の情報を伝えたい時、あるいはサービスについて知ってほしい時、イラストを使ったHPを制作するようにしましょう。 その際、名の売れたプロに製作を依頼すれば、一般的な読者だけでなく、プロのファン層にもHPを読んでもらう事が出来ます。 プロにイラスト制作を依頼した場合、一枚イラストであれば100,000円〜500,000円ほどかかるのが一般的です。 一枚絵ではなく、小さなカットを制作してもらう場合、50,000円ほどで済む事もありますので、考慮してみましょう。

一昔前は、企業が冊子やHPで使用するイラストは、プロに制作を依頼するのが一般的でした。しかし近年ではインターネット上で活躍しているアマチュアの方がプロよりも名前が売れている事があります。 こうしたアマチュアの方々は固定的なファンがついているだけでなく、絵を描く技術もプロより優れている場合があるのです。 従って近年の企業は高価な単価を支払ってプロにイラスト制作をお願いするよりも、アマチュアに仕事を依頼するケースが増えてきています。 特にインターネット上で名前が知られている絵描きに仕事を依頼した場合、インターネットのファン交流サイトで話題になりますので、宣伝効果も生まれます。企業にとっては、アマチュアを使った方が一石二鳥であると言えるでしょう。

これからの時代のイラスト制作